妊娠線クリーム ニベア

MENU

妊娠線クリームはニベアでも代わりになる?噂の真相を徹底リサーチ!

 

妊娠線クリームを調べていると、専用のクリームを購入する代わりにニベアを使っているという人を見かけることがあります。

 

 

ニベアは花王株式会社から発売されているロングヒット商品で、青色の缶は誰しもが一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。

 

このページでは、どうしてニベアを使っている人がいるのか、妊娠線予防に本当に効果があるのかをまとめてみました!

 

 

妊娠線クリームの代わりにニベアが使われている理由!

 

妊娠線クリームの代わりにニベアが使われている理由としては、以下のものが挙げられます。

1、値段が安い

専用の妊娠線クリームは1本3,000円から6,000円前後。
それに対してニベアは1缶500円前後と、価格が大きく違います。
手軽に手に入れやすいという点においては専用クリームよりニベアの方が使いやすいと思われます。

 

2、信頼感が高い

最初にお伝えしたとおり、ニベアは保湿クリームとして長年の実績がありますので信頼度が高いのもポイント。
安心できるものを使いたいと考えるのは人として当然だといえると思います。

 

3、保湿力がしっかりしている

ニベアは保湿クリームとして根強い人気を誇っています。
その人気を裏付けるように、保湿力は確かなもの。
妊娠線の原因には肌の乾燥も含まれていますので、肌の潤いを保つためにもニベアを選んだ…そういった人が多いのだといえるでしょう。

 

 

ニベアの保湿力…それだけでは妊娠線対策に不安が残ります!

 

上位の理由を振り返ってみると、確かにニベアは妊娠線クリームの代わりになるように思えます。

 

ですがここで注意して欲しいのは、ニベアはあくまで保湿クリームだということ。

 

 

妊娠線の原因の一つに肌の乾燥があるのは確かですが、妊娠線予防のためには急速に引っ張られてしまっている皮膚の真皮部分や皮下組織のケアも重要

 

真皮や皮下組織の主成分であるコラーゲンアミノ酸などもしっかりと補給してあげることが大切なんです。

 

 

ニベアにはそれらの成分が含まれていませんので、保湿力はしっかりしているものの、妊娠線予防クリームとしてはその力にやや不安が残るといえるでしょう。

 

しっかりしたケアのためにはやはり専用の妊娠線クリームが一番です。